業者選びの3つのチェックポイント

リフォーム工事の中で
外壁・屋根トラブルは
40%以上?!

出典:公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター/2013年度「住宅相談と紛争処理の状況」より

外壁・屋根の塗り替え工事が最もクレームの多い工事と言われています。
なぜなら、塗装完成直後は、きちんと施工してもらえたのかどうかプロでさえ判断が難しく、手抜き工事を行なう悪徳業者が多く存在するからです。
塗装は見た目をきれいにするだけではありません。
本来の目的は、日々晒される紫外線や雨水から建物を守ることにあります。
しかし、各メーカーが定めている塗布量や塗布回数、乾燥時間などを守って塗られたときはじめてその効果は発揮されます。

「塗装のことはよくわからないから、
業者から見積りをもらって

一番安いところに依頼しよう」
としていませんか?

1つの選択肢として悪くはありませんが、

価格だけで選んでしまうと、
塗装後すぐ剥がれてしまった!

などのトラブルに巻き込まれる
可能性が高くなります!

悪徳業者を避け、
いい業者に依頼するためには?

3社以上から見積りを取って、比較することが一番おすすめです。
比較することによって、悪徳業者なのかいい業者なのか見極めるヒントを得られます。
業者選びのポイントを3つまとめましたので、これからお見積りを取りたい方は診断時に、すでに取っている方はお手元の見積書をチェックしてみてください!

1. 依頼する業者はどのタイプ?

リフォーム業者と一口にいっても、様々な種類があります。

  1. 専門工事会社(石井建装はこれです)
  2. 工務店・ハウスメーカー
  3. リフォーム営業会社
  4. 購入先不動産会社
  5. ホームセンターなど

それぞれのタイプの業者のメリット、デメリットをご説明します。

リフォーム営業会社

リフォーム営業会社にも様々な営業方法をとっているところがありますが、飛び込み営業は要注意。(飛び込み営業であまりいい話を聞いたことがありません…。)
営業会社は施工するのは下請けの外注ということが多く、また営業マンのコストがかかるため、基本的には見積金額は高くなりがちです。
当店で150万円でできる工事だったのに、飛び込み営業会社の見積もりは300万円だったこともあります。手抜き工事も多く、トラブルが多いのがこのタイプですね。

工務店・ハウスメーカー、購入先不動産会社、ホームセンターなど

これらの会社は比較的大手のところも多いと思います。施工品質は会社によってまちまちだと思いますが、実際、これら大手はすべて、施工を当店のような専門工事会社に下請けで発注しています。(ちなみに下請けがもらう金額は結構安めです…)
お客様が払う金額は高くても、実際施工する会社に入る金額は少ないとなると、やはり、手を抜きがちになってしまうリスクも否めません。

専門工事会社

株式会社石井建装塗装中の様子

実際の現場で数多くの施工を行う専門工事会社は、職人も多く、何よりも経験値が違います。また、直接ご依頼いただくことで、大手ほどの高い金額にならずに済みます。
当店では、屋根、外壁のリフォームは数多くの実績があるため、塗装リフォームや屋根のリフォームは非常に得意としているところです。
ただし、水まわり等のリフォームに関しては、私たち以上に実績がある、設備会社などに依頼する方が良いと思います。

2. 実績や資格、許認可等はどう

悩んでいる人

次のチェックポイントとしては、その会社が、

  1. 地域でどれくらいの業歴・実績があるか
  2. 資格や許認可はどうか

という点です。
塗装業は、独立しやすい業種の一つであり、聞くところによると、飛び込み営業で特定の地域を回ったら、住所や会社名を変えて、他のエリアで同様のことをする悪質な会社もあるようです。

地域でどれくらいの業歴・実績があるか

株式会社石井建装塗装中の様子

地域で、何年くらいの業歴があるのか、また実績があるのか、という点は注意したいポイントです。先にも述べましたが、点々と場所を変えて営業している会社もありますので…。
また地元で長くやっていると、評判や噂もあるものです。もしご心配であれば、ご近所で、その会社が施工した物件を見せてもらうといいですね。施工後何かあっても、近くの業者なら安心ですしね。

資格や許認可はどうか

株式会社石井建装建設業の許可票

建設業許可をはじめ、真面目に工事している施工店であれば、資格や許認可を取っているところも多いと思います。資格や許認可を取るためには、相応の書類提出や、知識、技術があるところに限られてきます。
また、リフォーム瑕疵保険に入っているかどうかも一つのポイントです。国土交通大臣指定のリフォーム瑕疵保険に加入しているかどうかは、第3者機関から認められているかどうかの一つの指標になります。

3. 見積りが明確かチェック

外装工事見積書のよくない例

あいまいな見積書は、トラブルのもとです。必ず明確にしておきましょう。
詳細を訪ねても「大丈夫ですよ、お任せください!」とはっきりしない回答をする業者は専門知識が浅い、手抜き工事を行なっているなど何か隠しておきたいことがある可能性が高いため要注意です。

「塗装工事一式」と価格だけの見積書ではないか

工事内容が全くわからない見積書は「必要のない工事を入れられており余分な費用がかかっていた」「当然してもらえると思っていた工事が入っておらず追加料金をとられた」などのトラブルを引き起こしかねません。
必ず詳細な見積書を提出してもらいましょう。

塗料メーカーと商品名が記載されているか

「シリコン塗料」など塗料の種類だけ記載があるのは要注意です。
シリコン塗料と一言に言っても、商品によってグレードが異なりますし、メーカーが違えば価格も変わってきます。

塗料の使用缶数が記載されているか

塗料には各メーカーが定めた「基準塗布量」というものがあり、この基準より少ないと塗料の効果を十分に発揮できません。これの裏付けになるのが、「塗料の使用缶数」です。
必要以上に塗料が使われることになれば、費用が高くなり適正とは言えない価格の見積りになります。

あいまいな見積書は、トラブルのもとです。必ず明確にしておきましょう。
詳細を訪ねても「大丈夫ですよ、お任せください!」とはっきりしない回答をする業者は専門知識が浅い、手抜き工事を行なっているなど何か隠しておきたいことがある可能性が高いため要注意です。

プラスα更なる安心のために

工事後も頼れますか?保証・アフターフォローも要チェック

塗り替えのトラブルは工事完了後しばらくして発生することがほとんどです。
メンテナンスの要である塗装工事は、塗り終わったら終わりではなく、次の塗り替えまで小さな問題は起こりえるので信頼できる業者とのお付き合いが重要になってきます。
保証・アフターフォローがあるか、どのような内容なのかも確認しておくといいでしょう。

いかがだったでしょうか。
気になるところやもっとここが知りたい!などお見積りに関することは何でもご相談ください!
見積りを取りたい方は当店でも作成しております。
ご相談・お見積りは無料で、無理な営業・勧誘は行ないません。

お見積り

完全無料!

外壁塗装・屋根塗装のお見積りは
『完全無料』です!

株式会社石井建装スタッフ

お住まいの塗装工事、リフォーム工事は、決して安くないお買い物です。

  • どんなリフォームが必要か、一度、プロに見てほしい
  • 相見積りだけど話を聞いてみたい
  • 見積りを見てから、じっくり考えたい

どんな些細なことでも結構ですので、気になること分からないことがあればご遠慮なくお問い合わせください。無理に契約を迫ったり、しつこい営業は絶対にしませんので、どうぞご安心ください。

お電話の方、お気軽にご相談ください 
メールで問い合わせ、お見積り依頼はコチラ
LINEでのご相談も受付中!