屋根カバー工法・屋根葺き替え

屋根の修理

屋根をリフォームする方法は大きく3つあります。
屋根材を塗装で保護する屋根塗装、既存の屋根材の上に軽量屋根材を被せるカバー工法、そして、既存の屋根材を撤去して、新たな屋根材を葺いていく葺き替え。
どの工事方法が良いかは、お客様のご要望はもちろんのこと、ご予算、屋根材の種類や状態などによって変わってきます。
私たちは、お住まいの屋根、外壁リフォームのスペシャリストとして、塗装以外のリフォームにも力を入れています。

屋根カバー工法・葺き替えが
必要なケース

塗装できない屋根

屋根塗装ではなく、屋根カバー、葺き替えをオススメするケースとしては、

  1. 塗装してはいけない屋根材である(詳細はこちら)
  2. 屋根の劣化が激しく、塗装では十分な耐久性が出ない

というケースが大半です。
塗装してはいけない屋根材としては、ニチハのパミールという屋根や、セキスイかわらUなど、いくつか存在しています。これらは塗装してもすぐにはがれてしまうなどの症状が出るため、葺き替えやカバー工法をご提案することが大半です。

屋根カバー工法・屋根葺き替えの施工事例

取手市戸頭 M様邸

以前ご縁をいただいたお客様からのご紹介。外壁は重厚感のあるチャコール色に玄関周りの赤が目を引く、シックな印象の佇まいに。層間剥離が起きていた屋根はガルバリウム鋼板でカバー施工しました。
きめ細やかな連絡を心がけておりましたので、安心してお任せできたとの事大変嬉しく存じます。M様の大事なお住まいの初めての塗り替えをお任せいただき誠にありがとうございました。

塗って終わりのお付き合いではなく、アフターフォローも責任を持ってご対応いたします。
取手市戸頭 M様、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

取手市藤代南 F様邸

表面の剥がれたスレート屋根はガルバリウム鋼板でカバー、外壁は遮熱シリコン塗料にて施工。ナチュラルな優しい雰囲気に仕上がりました。
仕上がりまでご満足いただき大変嬉しく思います!こちらこそスタッフへの温かいお心遣い、お言葉をいただきありがとうございました。

アフターフォローも責任を持ってご対応いたしますので、お気付きの点等ございましたら何なりとお申し付け下さい。
取手市藤代南 F様、この度は数ある塗装業者の中から石井建装で外装リフォーム工事をご依頼いただき、誠にありがとうございました!

龍ヶ崎市藤ヶ丘 U様邸

劣化の進んだスレート瓦はガルバリウム鋼板でカバー、レンガ調の外壁部分はマルチカラー工法で2色仕上げ仕様。ナチュラルで可愛らしい雰囲気の一層素敵なお家になりました。

今後も定期点検を通じてアフターフォローも責任を持ってご対応いたします。
龍ヶ崎市藤ヶ丘 U様、この度は数ある塗装業者の中から石井建装で外装リフォーム工事をご依頼いただき、誠にありがとうございました!

屋根カバー工法に
オススメの屋根材

アイジー工業 SGL金属屋根
『スーパーガルテクト』

スーパーガルテクトの施工例

屋根のカバー工法でよく使われる、ガルバリウム屋根をさらに強化したSGL鋼板で作られた屋根材。約30年ほどの耐久性がある丈夫な屋根材です。
その中でもアイジールーフは、25年のメーカー穴あき保証など耐久性に優れ、たまた断熱性にも優れた人気の屋根材です。
また、同シリーズに表面にフッ素をコーティングしたスーパーガルテクトフッ素などもあります。ご希望の屋根材がございましたら、お気軽にご相談ください。

Sシェイドブラック
Sシェイドブルー
Sシェイドブラウン
Sシェイドモスグリーン
Sシェイドチャコール

NEW 2022年1月1日

Sシェイドワインレッド

同様の屋根材で、ニチハの横暖ルーフシリーズもあります。性能面、価格面で、スーパーガルテクト、横暖ルーフは大きな差はありませんので、ご希望があればお申しつけください。屋根カバー工法は、費用的には7,500円/㎡~が目安となり、これに役物、付帯工事を合わせてお見積りをご提示致します。

LIXIL 石粒付き軽量
ガルバリウム屋根『Tルーフ』

Tルーフの施工例

リクシルのTルーフは、スーパーガルテクトよりも長い50年耐久で、30年のメーカー保証が付いた耐久性に優れた屋根材です。
表面に石粒を吹き付けていることにより、従来のガルバリウム屋根よりも紫外線や、傷のダメージを受けにくく、その分長持ちする屋根材です。
また、見た目も瓦のようなオシャレな見た目にできるため、家の雰囲気もだいぶ変わります。

T・ルーフ クラシックN

チャコールグレー
チャコールグレー
ライトグレー
ライトグレー
ディープグリーン
ディープグリーン
シナモン
シナモン

T・ルーフ ヴェルウッド

チャコール
チャコール
ブラウン
ブラウン

T・ルーフ モダンN

グリーン
グリーン
ブラウン
ブラウン
チャコール
チャコール

石粒付きのガルバリウム屋根は、従来のガルバリウム屋根よりも耐久性が高く、さらに表面に石粒を吹き付けてあるため、雨音の消音効果も高い屋根材です。また、それ以上に見た目のバリエーションが豊富なため、お住まいの外観を大切にしているお客様が選ばれるケースが多くあります。

屋根葺き替えに
オススメの屋根材

屋根の葺き替え

屋根カバー工法は、瓦屋根など、一部の屋根の場合は施工できませんが、屋根葺き替えはどんな屋根でも施工可能です。
現在瓦屋根(陶器瓦、洋瓦など)の場合、カバー工法はできませんので、屋根のリフォームとしては瓦の葺き直し、もしくは葺き替えをご提案させていただいております。
現在スレートコロニアルの屋根で、2005年以前に建てられた住宅だと、アスベストを含む屋根材が多く、アスベストを含むと屋根材の撤去費用がかなり掛かります。この場合は、カバー工法をご提案することになります。

三州瓦 鶴屋 防災瓦

三州瓦の施工例

鶴屋は日本の瓦屋根メーカーでもトップ3に入る瓦メーカーです。
瓦屋根というと、重く災害に弱いというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、鶴屋の防災瓦は、最大60%の軽量化を実現し、瓦葺きの施工自体もロック工法で瓦を固定するため、ズレや飛散も発生しにくい設計です。
また、通気性、断熱性ともに優れており、その実績は東日本大震災の被災地の災害公営住宅にも多数施工されています。
デザイン性も豊富で、きっとお客様のお住まいに合う瓦もご提案できると思いますよ!

スーパートライ110スマート
スーパートライ110 スマート
全7色
スーパートライ110TYPE I
スーパートライ110 TYPEI
全12色
スーパートライ110TYPE Iプラス
スーパートライ110 TYPEIプラス
全3色
スーパートライ110TYPE Ⅲ
スーパートライ110 TYPE III
全3色
スーパートライ110サンレイ
スーパートライ110 サンレイ
全12色
防災J形瓦エース
防災J形瓦エース
全13色
防災J形瓦スーパーエースJ2
防災J形瓦スーパーエースJ2
全3色
スーパートライ美軽
スーパートライ美軽
全2色

やはり、瓦屋根の家は高級感のある佇まいで、とても人気があります。
従来の瓦屋根は、その重さから、ネットで調べると耐震性等の問題も目にするかもしれませんが、いまでは軽量化もされ、災害にも強い屋根材となっています。やはり、瓦はほかの屋根材よりも耐久性に優れていますので、オススメです。

ケイミュー カラーベスト
グラッサシリーズ

ケイミュー カラーベスト グラッサシリーズ

ケイミューのスレート屋根、グラッサシリーズは豊富な色から選ぶことができます(スレート屋根は、別名、カラーベスト、コロニアルとも言います)。約30年程度の耐久性があり、葺き替えの屋根材の中では価格も控えめですので、外壁塗装と併せてオススメすることもあります。
また、遮熱性能をアップさせた、遮熱グラッサ、デザイン性の高いシャッフルカラーなど、豊富なデザインからお選びいただけます。

グラッサ・ブラック
グラッサ・パールグレイ
グラッサ・ココナッツブラウン
グラッサ・アイリッシュグリーン
グラッサ・ミッドナイトブルー
グラッサ・アッシュグレイ
グラッサ・アイスシルバー
グラッサ・ラスティグリーン
グラッサ・ピュアブラック
グラッサ・ウォルナットブラウン
グラッサ・ボルドーレッド
グラッサ・ウェザードグリーン
グラッサ・グラスブラウン
グラッサ・プロヴァンスベージュ
グラッサ・メロウオレンジ
グラッサ・ユーロレッド

屋根の葺き替えには、カバー工法でもオススメした金属屋根材もオススメです。
ただし、金属屋根材に葺き替えると、雨音が大きくなる場合もあるため、防音対策も併せてご提案致します。

屋根カバー工法と
葺き替えの違い

■屋根葺き替え

既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に張り替える屋根の葺き替え。どんな屋根材でも適用できます。

■屋根カバー工法

屋根カバー工法

既存の屋根材に軽量屋根材をかぶせるカバー工法は、コスパもよく工期も短いため、人気のリフォームです。

スクロールできます
屋根葺き替え屋根カバー工法屋根塗装
耐久性◎ 高い(30~40年)◎ 高い(30~40年)〇 普通
(5~15年、塗料による)
耐震性◎ 最も高い〇 現状維持〇 現状維持
費用▲ 最も高い〇 高い◎ 安い
工期▲ 長い(10日前後)◎ 短い(5日前後)〇 普通
(1週間前後)
備考費用は高いが、一番信頼性は高いリフォーム方法アスベスト屋根で塗装できない屋根には最適(瓦屋根を除く)瓦屋根は、注意が必要
劣化が進んだ屋根にはNG

屋根リフォームの注意点

株式会社石井建装点検中の様子

屋根の葺き替えやカバー工法をする際、注意するポイントがいくつかあります。

  1. 葺き替えで金属屋根にする場合は、雨音などの音が大きくならないよう、断熱材、防音材もしっかり考える
  2. 屋根カバー工法の場合は、屋根の重量を考慮して、軽量金属屋根での施工を検討する

リフォーム後のお客様の生活のことまで考えて提案してくれる業者じゃないと、あとあと後悔することもありますので、相見積もりをとって、十分比較検討するようにしましょう。

塗装できない屋根も
あります

基本的に塗装が不要の屋根材

陶器瓦の屋根

陶器瓦の屋根

別名、日本瓦、粘土瓦とも呼ばれます。一方、セメント瓦や、モニエル瓦は塗装が必要です。

アスファルトシングル

アスファルトシングル

アスファルトシングル屋根(美観維持の目的での施工はオススメする場合もあります。)

劣化が激しい屋根

塗装できない屋根

劣化が激しい屋根は、塗装しても十分な耐久性が出ませんので、屋根材の種類と状態を見て判断します。

屋根の2000年問題をご存知ですか?
株式会社石井建装お客様に説明中の様子

2000年以前のスレートコロニアルは石綿(アスベスト)を含むため、非常に耐久性に優れており、塗装のメンテナンスで十分対応できます。
しかし、2000~2010年頃に施工された、非アスベストのスレート屋根は、耐久性が劣るものも多く、注意が必要です。
ご自宅の屋根が、どの種類で、どんなリフォームがいいかご心配の方は、当社の屋根・外壁無料診断をご利用ください。

お見積り

完全無料!

外壁塗装・屋根塗装のお見積りは
『完全無料』です!

株式会社石井建装スタッフ

お住まいの塗装工事、リフォーム工事は、決して安くないお買い物です。

  • どんなリフォームが必要か、一度、プロに見てほしい
  • 相見積りだけど話を聞いてみたい
  • 見積りを見てから、じっくり考えたい

どんな些細なことでも結構ですので、気になること分からないことがあればご遠慮なくお問い合わせください。無理に契約を迫ったり、しつこい営業は絶対にしませんので、どうぞご安心ください。

お電話の方、お気軽にご相談ください 
メールで問い合わせ、お見積り依頼はコチラ
LINEでのご相談も受付中!