見積書の見方

見積書を確認する際のポイントを
分かりやすく解説します

株式会社石井建装清川

価格だけを基準にせず、見積書の内容も確認しましょう!

「何社かの見積りを比較検討して、安い業者に決めよう」、というのも一つの選び方ですが、“なぜ安いのか”という視点は必要です。安さの理由が企業努力によるものであればいいのですが、もしかすると工事品質を落とした結果かもしれません。安さだけに目を奪われて業者を選んでしまうと、工事後に思わぬトラブルが発生してしまうことがあるのです。

価格だけで選ぶと、
こんなトラブルが・・・

10年は持つと言われたのに、
数年で塗膜剥がれが…
▶︎施工不良トラブル

見積りにはなかったのに、
追加工事や追加請求が…
▶︎工事金額トラブル

塗装すると思っていた箇所を
塗ってくれなかった
▶︎工事内容トラブル

株式会社石井建装電話応対中の様子

これらのトラブルは、おそらく思ってらっしゃる以上に起きてるようです。このようなトラブルを防ぐためには、契約前の業者選びの段階で、見積書をしっかりと確認することが重要です。

見積書で知っておくべき塗布量と塗装面積

塗料の性能を充分に発揮させるためには、塗料メーカーが定めた基準塗布量を守る必要があります。規定された塗布量を守らずに塗装をすると、塗料の効果や耐久性が激しく落ちてしまうため、不良施工の原因となります。
ところが、薄く塗っても、基準塗布量を守っていても、見た目は同じため、仕上りを見て手抜き塗装かどうかを見極めるのは難しいと言えるでしょう。
しかし、塗料を節約するために薄く施工したり、熟練職人の勘といった曖昧な知識に頼って塗布量を決めてしまうような、心ない業者がいることも、また事実なのです。

でも、どのように見極めれば良いの??

【重要】そこで大事なのは塗装面積です!!

塗布量を算出するためは、必ず塗装面積が必要になります。
なぜならば各塗料メーカーが塗装面積に応じて、塗布量を規定しているからです。

塗布量の計算

【重要】見積書で塗装面積が明確かを確認!!

正確な数値を記載した見積書

(ピックアップ)「○○坪数○○円」の見積りに注意!!

同じ坪数でも、建物の形状はそれぞれの家によって異なるため、塗装面積も当然異なります。塗装面積が違うにも関わらず、同じ価格というのは、正確な見積りとは言えません。坪単価で見積りを出す業者には注意が必要です。

複数のプランをご提案

石井建装の見積書はココが違う!!

当店では、「外装リフォーム図面」をお渡ししています!

当店では見積書と合わせて、外装リフォーム図面をお渡ししています。外装リフォーム図面とは、業者を選ぶ際の“判断材料・モノサシ”となる、塗り替え工事の必須アイテムです!「建物のどこをどのように塗り替えたら良いのか」「費用はどの程度が適切なのか」、その全てがひと目でわかります。数社見積りをとって比較検討する際にも、外装リフォーム図面の内容が大いに役立ちます!

独自の専用CADソフトで、建物の立面図を作成し、正確に算出します。 正確な塗装面積を把握することは定められた塗布量を守り、質の高い工事を提供するための重要な工程です。

外装リフォーム図面を作成し、正確な積算数値を算出

何にいくらかかっているかがひと目でわかる!

見積りには「材料費」の内訳まで記載!当店の見積りには、塗装面積に対して必要な「材料費」「施工費」の内訳まで具体的に表示されているので安心です。

工事内容、塗料の使用量を詳細に記載した見積書

お見積り

完全無料!

外壁塗装・屋根塗装のお見積りは
『完全無料』です!

株式会社石井建装スタッフ

お住まいの塗装工事、リフォーム工事は、決して安くないお買い物です。

  • どんなリフォームが必要か、一度、プロに見てほしい
  • 相見積りだけど話を聞いてみたい
  • 見積りを見てから、じっくり考えたい

どんな些細なことでも結構ですので、気になること分からないことがあればご遠慮なくお問い合わせください。無理に契約を迫ったり、しつこい営業は絶対にしませんので、どうぞご安心ください。

お電話の方、お気軽にご相談ください 
メールで問い合わせ、お見積り依頼はコチラ
LINEでのご相談も受付中!